• Instagram
  • Facebook
  • Twitter
​Kanichi
Fujiwara

国道全制覇 706日間の旅

走行距離:約10万キロ

期間:2009年4月-2014年5月

バイク:HONDA LITTLE CUB

旅ストーリー

  究極のバイク旅の第2弾が国道全制覇の旅。国道1号から国道507号までの全線を走り(原付が通行不可能の道は除く)、さらに道の駅全部訪ねるという途方もない旅。

  バイクはできり限りガソリンを使わないために燃費のいいホンダのリトルカブを選んだ(実燃費はリッター75kmだった)。資金、日程等の関係もあり、さすがに一気に全部を回れる状況ではなかったので、足掛け3年ぐらいかけて回ろうと考えた。

 

 2009年4月、日本橋をスタート。国道1号、2号、3号と順に走って九州へ上陸、その後はランダムに制覇していった。北は北海道から、南は沖縄の石垣島まで国道という国道。さらに隠岐や対馬、五島列島、壱岐、種子島や奄美大島など離島にある国道もすべて回った。

  原付バイクが走れる国道は全部で443本。道の駅は全駅めぐる予定だったが、毎年のように増え続けているため途中で永遠に終わらないと判断(笑)、切りよく1000駅を目標とした。

  走ってみると国道と言っても様々だった。青森の津軽半島には階段が国道に指定されていたり(国道339号)。標高2172mもの高地を走る国道292号があったり。全長がわずか187mしかない神戸市の国道174号。山形には舗装されていないダートの国道もあった。

  また、山間部の国道はがけ崩れなどで通行止めになること多く、福島と新潟をつなぐ国道252号は1年待ち。岐阜と福井をつなぐ国道417号は開通まで2年待ちと、想像以上に時間を費やした国道もあった。

  途中で東日本大震災の影響で走れない道ができたこと、スポンサーの撤退によって資金不足になったことなどから、予定以上に時間がかかり、ゴールを果たしたのは5年後の2014年5月。走行距離は10万キロを越えていた。