日本縦断0202c.jpg

「死ぬまでに走りたい」絶景ロード&ダートロードを繋いで

『E-Bikeチャレンジ!日本縦断3500キロ』

 

新時代の乗り物E-Bike(電動アシスト付きスポーツ自転車)と旅とチャレンジを融合した新しい旅スタートは本土最南端の地「佐多岬」。そこから日本列島を北へ北へ走り続け、ゴール北海道の最北端「宗谷岬」を目指す。

このチャレンジ旅の大きなポイントは日本縦断の中で、全国各地にある日本を代表する18の道(=18ステージと呼ぶ)を走ること。この18ステージは旅行家として日本をオートバイで走り尽くした私が選んだ、とっておきの道ばかりです。豊かな自然を感じられる道、美しい絶景が広がる道、特別な価値を持った道など、日本を感じる個性豊かな道。オートバイで日本の隅々まで走った旅行家が推薦する「死ぬまでに走ってほしい道」「未来に残したい日本の道」をこの旅を通して紹介したいと思っています。

 

18ステージ※走行順

01■『佐多岬ロードパーク』鹿児島県

02■『桜島溶岩ロード』鹿児島県

03■『阿蘇パノラマライン』熊本県

04■『やまなみハイウエイ』熊本県&大分県

05■『瀬戸内しまなみ海道』広島県&愛媛県

06■『四国カルスト公園線』愛媛県&高知県

07■『剣山スーパー林道』徳島県

08■『暗峠・国道308号』大阪府&奈良県

09■『奥琵琶湖パークウェイ』滋賀県

10■『千里浜なぎさドライブウェイ』・石川県

11■『志賀草津道路・渋峠』長野県&群馬県

12■『金精峠&いろは坂』群馬県&栃木県

13■『三陸海岸・国道45号』宮城県

14■『八幡平アスピーテライン』秋田県&岩手県

15■『十和田湖&奥入瀬渓谷の道』青森県

16■『美瑛ジェットコースターの路』北海道

17■『サロベツ原野・道道106号』北海道

18■『宗谷丘陵白い道』北海道

 

全18ステージと一般道を繋いだ日本縦断ルートの総距離はおよそ3500キロとなります。この全行程をE-Bikeで、25日間で走り切ることが目標です。チャレンジなのでタイムリミットが必要と思い30日間に設定しました。E-Bikeに乗り始めてまだ1年半足らず、40年以上の間本格的な運動をしていないこと、60歳という年齢などを考えると無謀かもしれません。天気も晴れの日ばかりではありません。通常の自転車では絶対に不可能でしょう。しかしE-Bikeならば、僅かながら可能性があると思っています。現在はハードなチャレンジに備えて100キロオーバーのツーリングなどを重ね、少しずつですが脚力を鍛えています。

これはおそらく誰も試みたことのない、日本列島を舞台とした壮大なE-Bikeチャレンジ旅となるでしょう。この旅を通じて自転車旅の素晴らしさ、E-Bikeの魅力と可能性を広く伝えられたらと思っています。また、人は年齢に関係なく新しいことにチャレンジができること、挑戦することから得られる喜び、その道程で生まれる成長、その先にある感動を伝えられたと思っています。

 

JOURNEY

■ルート:鹿児島~熊本~大分~福岡~山口~広島~愛媛~徳島~和歌山~大阪~京都~滋賀~福井~石川~富山~新潟~長野~群馬~栃木~福島~宮城~岩手~青森~北海道
■走行距離:約3500km
■出発:2022年5月1日(予定)
■チャレンジ:目標25日間でゴール。リミット30日間
■使用バイク:ヤマハ発動機・YPJ-WABASH​ RT

結果
■走行距離:3,689km
■期間:2022年5月16日~6月14日
■チャレンジ:リミットの30日間で達成しました!